結婚式にお呼ばれした際、体型を気にする人もいるでしょう。そのため可愛いドレスがあっても、諦めてしまう人もいるかもしれません。そんな人たちにおすすめしたいのが、少し大きめサイズのパーティードレスです。結婚式のお呼ばれや二次会に着て行く、少し大きめのパーティードレスの選び方を紹介します。

お呼ばれに合う大きいドレスの選び方

結婚式や二次会にお呼ばれさた際、大きめのパーティードレスを選ぶ人もいるでしょう。しかし、パーティードレスの種類は多いので、その選択に迷う人もいるようです。

大きめのサイズの場合、自分の体型カバーが優先になり、デザインなどはどうしても後回しになってしまうことがあります。そのため、気に入ったデザインのパーティードレスがあっても、諦めてしまう人もいるようです。しかし大きめのサイズであれば、皆さんにピッタリ合う洋服が見つかる可能性があります。今まで好みのパーティードレスがあっても諦めていた方は、大きめのパーティードレスを確認してみましょう。
結婚式服装大きめサイズ

出典 wear.jp
ペンシルデザインクチュールドレスワンピース♪

スカートにボリュームがあるので、太ももを隠しつつウエストの細見え効果もあります。ふんわりと作られた袖と、ちょうどよい袖丈で気になる二の腕を隠してくれます。

シンプルなタックフレアのワンピースですが、光沢のある生地感が華やかでパーティスタイルにオススメ

ワイドパンツはフルレングスでよりルーズなシルエットがトレンド!

ネックレスがセットで付いているので、そのまま合わせて着ることができます。お手持ちのアクセサリーやバッグと合わせてイメージを変えるのも簡単

袖部分はチューリップスリーブで花が咲いたように腕を包み込み気になる二の腕もカバー

七分袖なのであらゆるシーン、季節に対応。襟と袖口に施されたビジュー&パールは座っても魅力が引き立つディテール

ドレス選びに迷ったら、とりあえずこの1着

前身頃の縦のふぁ~っとしたプリーツとウエスト部分には横にプリーツがあしらわれており、とっても手の込んだデザイン

シンプルなセットアップなので、アクセやバッグを派手にしてもうるさくなりません。クールに見えつつ、肌見せでセクシーに見え、ケミカルレースで上品さをプラス

ふわりと揺れるシフォンとコードレースがエレガントな印象に。 パンツはダブルクロスという生地を使用し、さらりとした肌触りで着心地バツグン

スカート部分は、「ボンディング生地」にレースを重ねた特注の「ボンディングレース」プリント模様を立体的に引き立てる一技加えたレースです。

ドレスアップするときは、トップスはインしてカッチリ目にし、アクセやバッグを派手目にすると◎普段で着る時は、タンクトップやカラーインナーを入れてもOK。

着丈は合わせやすいミドル丈で、しゃがんだ時も背中が出ません。ボタンは上品なシェル風丸ボタンを使用し、カジュアル過ぎずキレイ目な雰囲気に。

オーガンジーにフラワーモチーフを並べた透け感のある生地。 トップスのサテンを合わせてメリハリを出して体型カバーなシルエットに♪

結婚式や二次会に何を着ていったらいいのか分からない、どれが相応しいか悩みすぎて選べなくなってしまった。そんなあなたにピッタリなドレスです。

バックスタイルも抜かりなく、背面プリーツの切り替えで可愛い仕上がりになっています。動くたびにプリーツが揺らめき、上品に見えつつ可愛くも見える最強ワンピ。

体型ごとの選び方

大きめのパーティードレスを選ぶときは、それぞれの体型ごとに選ぶのも1つの方法です。一般的に大きめのパーティードレスを選択する際、ブラック系のドレスでまとめてしまう人が多いです。ブラックというのは体の引き締め効果がありますので、体型をカバーするにはおすすめのカラーだと言えます。しかし、結婚式やパーティーなどの華やかな雰囲気に黒一色で出席すると、周りにも暗い印象を与えかねません。ですので黒一色にまとめる場合、靴やアクセサリー、またボレロやブローチなどは明るめにしましょう。そして、体型ごとの選び方は次のようです。まずぽっちゃり体型の方は、女性らしさの丸みで勝負すると良いでしょう。ハイウエストにすると、ウエストが引き締まってキレイに見えます。次に肩幅が広い方です。肩幅が広い方は、肩部分が内側に入ったドレスを選択すれば、肩幅を狭く見せることができます。そして、お尻が大きい方です。お尻が大きい方は、ウエスト部分を絞り、お尻部分が広がったデザインがおすすめです。そうすることで、太い下半身をしっかりカバーできます。大きめのパーティードレスを選ぶ際は、自分に合ったデザインを選ぶことが大切です。

結婚式のお呼ばれや二次会に出席する際、大きいサイズのパーティードレス選ぶ人もいるでしょう。大きめのパーティードレスの種類も様々ありますが、大切なのは自分に合ったドレスの選択です。ドレスを選ぶ際は注意しておきましょう。
結婚式服装コーデ40代

出典 wear.jp
袖があるので披露宴も羽織なしで楽チン♪

ドレスコード必須なシーンでも、アクティブに動きたい!そんな方にオススメのパンツドレス。フェミニン&ドレッシーをキープしながら立ったり座ったりが楽にできます。動く女性の味方の一枚

袖は長めのチューリップスリーブで大人ぽく、歩くたびにゆらゆらたなびくのでオシャレに

パンツはヒップ周りがゆったりとしていて気になるお尻を隠しつつ、裾に向かってスリムなラインになっているので、足の太いところを隠して細いところを見せる細見え効果が期待できる優秀セットアップ

スリットから揺れるフリルドレープが特徴のパンツドレス。クールな印象のパンツドレスにフリルを合わせることで、フェミニンで女性らしさをプラス

4wayで着ることが出来るセミオケージョンセットアップ

カシュクールの入ったデザインのシアーなシフォン生地のパンツセットアップ

セットアップなので、ブラウス、パンツとして普段遣いや別のコーディネートとして着回しできるのも魅力

透け感のあるデコルテラインは女性らしい華やかさを演出し、シルエットが綺麗なパンツはスタイルアップ

流行のラッフル袖がエレガントなセットアップ。レースの袖から覗くシフォンが可愛いポイント

コンビネゾン セットアップ

ワイドパンツはフルレングスでよりルーズなシルエットがトレンド

繊細なプリーツで裾に向かって広がり、女性らしいふんわり感でウェスト周りをカバー

高級感のあるケミカルレースがポイントのセットアップ

トップスの裾がふんわりとしているので、気になるウエストやヒップも自然にカバーしてくれます。 フリルの袖が二の腕を程よく隠します

スリットから除くフリルドレープがフェミニンなパンツドレス

大人っぽいラグジュアリーな雰囲気を演出

結婚式の二次会ではルールは固くないのですが、華やかさときちんと感を演出するコーディネートが好ましいと思われます。カラーとしても制限がありませんので、パープルやブルー、ピンクや赤といったワンピースでも大丈夫ですが、さすがに白いワンピースで出席をするのは避けた方が良いでしょう。コーディネートするポイントだけ押さえておけば、自分の好きなアイテムのものを合わせていけば良いので、全体が綺麗できちんと感のでるコーディネートになるように心がけましょう。